フィリピンのローカルパンを食べてみませんか?

フィリピンのローカルパンを食べてみませんか?

こんにちは、セブテク編集部です。

皆さん、パンはお好きですか。
パンと言えば、日本では色んな種類がありますね。
コンビニで売られているパンや高級なパンもあります。
ここフィリピンのセブ島でもおなじです。
今回は、国民的パンや現地の人に愛されているパン屋さんをご紹介します。

Pan de sal (パン・デ・サル)

スペイン語でパン・デ・サルとは、塩パンという意味です。
このパンは一般的にフィリピン人がよく食べるパンです。
甘いコーヒーとこのパン・デ・サルはフィリピン人の朝食に欠かせない食べ物と言われています。
名前は塩パンなのに味は全く塩っぱくない。割とちょっと甘い味がします。


最近人気になっているウベ・チーズパン・デ・サルもあります。
Ube「ウベ」とはフィリピン語で紅山芋のことで、紅芋よりも粘りがあり鮮やかな紫色とまろやかな風味が特徴的な味わいです。沖縄のムラサキイモに似ています。

このウベ・チーズパン・デ・サルはチーズが入っているウベ味のパン・デ・サルです。
このパンは、その鮮やかな色で他のパンとは見栄えが格別です。
焼き立ては香ばしく、外側がさっくり、中がしっとりパン・デ・サルとウベチーズデサルも両方、おいしいです。
サイズも小さいので何個でも食べられてしまいます。(笑)

Ensaymada(エンサイマダ)

エンサイマダもパン・デ・サルと同様にスペイン発祥のパンです。
特産品とされているパンで元々は祝日に特別に作られる甘いパンです。
渦巻き状の形をしているのが特徴の一つです。
表面にはバターやマーガリンが塗られ、砂糖がトッピングされています。
おろしたチーズをトッピングしたものもあります。

Binangkal(ビナンカル)

ビナンカルは、ゴマをコーティングした濃厚な生地を揚げたパンです。
通常、ホットチョコレートやコーヒーと一緒に食べます。
この名前は、球状の花と果実を生むライカートの木の地元の通称であるバンカルに由来しています。
サクサクした食感が病みつきになるおいしさです。
沖縄のサーターアンダギーに似ています。

セブNo.1のパン屋さん

Julie’s Bakeshop – Bakeshop ng Pilipino (juliesbakeshop.com.ph)から引用

上記に紹介したパンは街中どこにでもあるパン屋さんで買えます。
でもパン屋と言えば、やっぱりセブでNo.1のパン屋さんはJulie’s Bakeshop(ジュリーズ・ベイクショップ)と言っても過言ではないでしょう。
このパン屋さんはセブ島だけで100店舗あるそうです。全国では500店舗を持っています。
現地の人はJulie’sの熱々の焼きたてパンに目がないようです。
店内で焼き立てを見つけたらぜひお店の人に声をかけてみてください。
焼き立ての新しいパンを選んでくれます。
値段はとにかく安い!20円があればパン1個買えます!

Julie’s Bakeshop – Bakeshop ng Pilipino (juliesbakeshop.com.ph)から引用

ジュリーズ・ベイクショップはセブのほとんどの家庭で知られている名前です。
セブをはじめ海外にも進出し始めています。
現在はインドネシアやカナダに支店があります。
もしかしたらフィリピン人が多い日本にも近いうちにジュリーズの支店ができるかもしれませんね。
その時はセブ島の人々が楽しんでいるジュリーズのパンをぜひ食べてみてください。

まとめ

今回はローカルのパンやジュリーズ・ベイクショップをご紹介しました。
パンはフィリピン人の食卓には欠かせない食べ物です。
フィリピン・セブ島を訪れた時には、道沿いにたくさんのパン屋さんを見かけるのは珍しいことではありません。
地元のパンを食べて、地元の人々と一体になることを実感してみてはいかがでしょうか。

さいごに

フィリピン・セブ島でアプリ開発を行うSprobeでは、WebサイトやWebアプリケーション開発に精通しているフィリピン人エンジニアが多くいます。ご興味があれば、お気軽にお問い合わせください。

セブ全般カテゴリの最新記事