セブのおすすめグルメ”レチョン”!セブに来たらハウスオブレチョンに行こう!

セブのおすすめグルメ”レチョン”!セブに来たらハウスオブレチョンに行こう!

リゾート感のあるセブ島には興味があるけど、フィリピン料理ってどうなんだろう?と、ふと思った方。
こんにちは、セブテク編集部です。

「フィリピン料理」と聞いて、最初に思い浮かべるものは何でしょうか?
そもそも候補すら出てこない、フィリピンに来たことがない方はそうかもしれません。
日本にはタイ料理やベトナム料理、イタリアンなどはあっても、フィリピン料理店はなかなか聞いたことがないですよね。

フィリピン料理って想像もできないし不安だな~、というそんな方に向けて!
今回は、フィリピン/セブ島に来たら食べるべきグルメNo.1の「レチョン」がおいしい、House of Lechon(ハウスオブレチョン)をご紹介します

House of Lechon

今回ご紹介するハウスオブレチョンは、アヤラモールから徒歩5~10分ほどのアカシアストリートにあります。

Islands Stay Hotelというオレンジのホテルが目印で、その目の前の通りを右に曲がってください。
交差点を一つ越えると、左側にお店が出てきます。

敷地内は広く、席がたくさんあります。
まずは外の席。
少し暑さを感じるかもしれませんが、外を好んで座る人も多くいます。

そして中の席。
この日は普通の平日ですが、この混みよう。
席数は多いですが常にお客さんがいるので、できれば予約してから行ってくださいね!

中にはソファー(?)席もあります。
ソファー席は席数が少ないので、大体予約されています。

メニュー

そろそろ料理が気になってくる頃ですね。
冒頭でフィリピン/セブ島に来たら食べるべきグルメNo.1の「レチョン」と言いましたが、そもそもレチョンって何?という方もいるかと思います。

レチョンは「豚の丸焼き」。
いやいや、って思うかもしれませんが、本当に丸焼きです。
豚の内臓を取り出して、野菜や香草を詰めて丸々炭火で焼き上げます。
フィリピンのお祝い事などには欠かせないものとなっていて、よく街中で「you can buy whole lechon!」といった看板が出ていたりします。

レチョンのお店は町中にたくさんあるのですが、筆者が一番おいしいと思っているセブ島のレチョンがこのハウスオブレチョンで食べられます。

では、メニューを見ましょう!
看板メニューのレチョンは一番上にあり、普通とスパイシーから選ぶことができます。
大人数で行く方は、ぜひ両方頼んでみてくださいね。

料理

さて、メニューを見てもよくわからない方へ。
ここからは写真付きで料理をご紹介します!

王道レチョン(Lechon)
レチョンを食べにここへ来るので、もちろんマストです。

豚ちゃんのお皿で運ばれてきます。

ちなみにこのレチョン、入口入ってすぐのところで捌いて(切って?)くれています。
写真はだいぶ捌かれ済みですが、丸々一頭ある時はなかなかの迫力です…。

キニラウ(Kinilaw Fiesta Cebuana)
マグロを少し湯がき、パプリカやショウガ、トマトなどと酸味のあるソースを混ぜたマリネのようなもの。
さっぱりしていて日本人好みかと思います。

ガーリックライス(Garlic Rice)
メインじゃなくてご飯かい!と思った方。
日本だとガーリックライスはあまり馴染みがないかと思いますが、フィリピンはガーリックライス率が高いんです。

そしてハウスオブレチョンのガーリックライスは、ガーリックライス界でもかなり上位。(ガーリックライス大好き筆者ランキング)
写真は大人数用ですが、1カップでも頼むことができます。

カラマリ(Calamares Strips)
イカの揚げ物。
隣にある少し甘いソースにつけて食べます。

パンシットカントン(Canton Guisado)
フィリピン風焼きそば、とよく言われます。
野菜やイカ、春雨が混ざっていて食べ応えのある一品です。
右下にあるカラマンシー(すだちのようなもの)をかけて、違った風味を楽しんでくださいね。

グリルツナ(Grilled Tangigue/Tuna Belly)
そのまま、ツナのグリルです。
ソースもついてきますがしっかり味がついているので、そのままでも十分。

カンコン(Gising-gising na Kangkong)
空心菜の炒め物。
結構クタッとしています。ガーリックが程よくきいています。

貝のスープ(Sabaw ng mais og linason)
大きい貝と、フィリピンのスーパーフードであるモリンガ(葉っぱ)が入っています。
濃いめの塩味です。

おまけ

アルコールはビールしかありません。
カウンターの後ろにウィスキーなどがありますが、ビールだけです。

トイレは入口入って真っすぐ進んだところにあります。
(これは扉の絵を載せたかっただけ…。)

まとめ

今回はフィリピン料理「レチョン」がおいしい、セブシティのHouse of Lechonをご紹介しました。
セブ島に住んでいるとフィリピン料理はほとんど食べなくなるのですが、ハウスオブレチョンはたまに来たくなるくらい、おいしいフィリピン料理が揃っています。

前に他のお店で食べてビミョーだった…という方、ぜひ一度ハウスオブレチョンに行ってみてくださいね。
おいしいレチョンが待っています。

セブ全般カテゴリの最新記事