QAエンジニアって何?その役割とは?

QAエンジニアって何?その役割とは?

こんにちは、セブテク編集部です。

皆さんはQAエンジニアという職業をご存知ですか?

また、QAエンジニアの役割について聞いたことがありますか?

もしかしたら聞いたことがない方もいるかもしませんが、実はQAエンジニアの仕事は責任が重く、開発を進めていく過程の中でかなり重要になっています。

それでは、解説をしていきますね。

概要

主な業務内容

業務内容としては、

・テストプランの設計

・プランに基づいたテストの実施

・バグの報告、開発サイドへのフィードバック

等が挙げられます。

ただここで一つ疑問が出てくるかと思います。

「テストエンジニアとQAエンジニアの違いってなんだろう?」

まず、テストエンジニアとは「完成前」の製品・システムに不具合がないか確認し、修正することが主な業務となります。

それに対しQAエンジニアとは、開発段階での不具合の有無を確認するだけではなく、「完成後」の製品・システムの不具合を修正をし、さらなるサービス向上のためにアップデートを行うことも業務に含まれます。

業務の詳細

大まかな業務の説明をしましたが、ここからは少し細かく説明していきます。

基本的な業務として、テストの実施(動作確認など)がありますが、ただ闇雲にシステムの動作確認を行っているわけではありません。

テストを行う前にはテスト計画の立案をし、このテスト計画はクライアントからの要件を元に作られます。

例えば、クライアントからの依頼でECサイトを作ることになり、そのプロジェクトの中でサイト上で商品を探すための「検索」ボタンを設置するとします。

その時、動作確認をするために「商品を検索するためにシステム上でどのような操作を行うのか」「その操作を行ったら何が起こるか」など一つ一つ考えなければいけないのです。

スムーズに動作確認を行うため、入念に準備を行います。

さらに…

QAエンジニアの仕事は、テストの実施の後に開発サイドへ「動きました」「動きませんでした」と報告するだけではありません。

QAエンジニアは、テスト実施後に挙がってきた改善点を元に、問題の解決方法を開発サイドに伝える必要があります。

つまり開発に積極的に関わっていく必要があるのです。

ここでは「提案力」が要求されます。

QAエンジニアの重要性

最後にQAエンジニアの重要性についてですが、基本的にQAエンジニアが行う品質管理業務は開発工程の中で最後に行われるため、重要であり責任も重くなります。

QAエンジニアは製品の品質のみを保証しているだけではなく、「企業」の品質も保証してます。

終わりに

QAエンジニアはシステムの動作の確認をするだけではなく、プログラミングの知識を活かして開発サイドに提案もすることもあり、システムの「質」を高めるためには必要不可欠な職業となっております。

フィリピン・セブ島でオフショア開発を行う弊社Sprobeには、現在170名以上の現地エンジニア・約10名の日本人スタッフが日々業務にあたっています。
2020年現在、さらに業務拡大中です。

お問い合わせはこちら

※お問い合わせは、Sprobe Inc.の親会社CYOLABのWebサイトにリンクします。

オフショア開発・ブリッジSEカテゴリの最新記事