決済サービスStripeとは

決済サービスStripeとは

こんにちは、セブテク編集部です。

最近は、Webサイト内でサブスクリプション機能を充実させるにあたり、決済システムの導入もよく行われるようになっています。

今回は、決済システムの一つStripeについてご紹介していきます。

Stripeとは??

世界各国で使用されているオンライン決済システムです。

複数のクレジットカードブランドにも対応していて、サブスクリプション機能のあるシステム開発で使用されています。

2016年ごろからサービスが開始されているため、日本での知名度はそこまで高くないかもしれませんが、海外では、Paypalと並んで人気がある決済システムです。

https://stripe.com/ja-us

メリット

導入が簡単、早い

アカウントの発行は、Webから可能です。

通常であれば数日でアカウントが発行されます。(※コロナ禍の状況では、承認までの時間が少しかかっているようです。)

開発工数、テスト工数を抑えられる

Stripeのサービスはダッシュボードでほとんどの処理が可能になっているため、複雑な作業なしで使いこなすことができます。

世界各国で使用されていることもあり、通常のサービースで必要な機能は含まれています。

あまりカスタマイズする必要が発生しないため、開発及びテストの工数も削減することが可能です。

開発者へのドキュメントが充実している

英語でのドキュメントがメインのようですが、開発者向けのドキュメントが充実しています。

内容は非常に充実しているため、大きな問題なく開発作業は行えるようになっています。

日本語でのサポートを受けられる

海外発祥のサービスだと日本語でのサポートが受けられないことが多いですが、Stripeでは、しっかりと日本語での問合せができ、サポートも丁寧にしてもらえます。

まとめ

今回は、決済システムのStripeについてご紹介しました。

Webサイトでサービスへの支払い機能実装を考えている方は、是非Stripeの使用を検討ください。

フィリピン・セブ島でオフショア開発を行う弊社Sprobeには、Stripeはもちもん他の決済サービスを使用した開発経験を持っている開発者が多数在籍しています。

もしご興味があれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

Techカテゴリの最新記事