USB虎の巻~知っておくと超便利な裏ワザ~

USB虎の巻~知っておくと超便利な裏ワザ~

こんにちは。セブテク編集部です。
一口にUSBといっても色々なものがあり、どれがどれなのと混乱することもありますよね。
今回はそんなUSBについての基本知識と、知っておくと超便利なUSBの裏ワザをご紹介いたします。

USBとは

USBとは、「Universal Serial Busの略称で、記憶装置であるUSBメモリやマウス、卓上扇風機など様々なコンピューター周辺機器を接続することができる規格の一つです」

USBが登場する前は、プリンターならプリンター、マウスならマウス用の端子といった具合で、それぞれ異なった端子をもっていました。

USBが登場したことによって統一された形状により、ただ差すだけで様々な機器を認識するようになりとても便利になったのです。

USB2.0、USB3.0ってなに?

USB2.0、USB3.0は取り扱えるデータの大きさが違います。端子の内側が青色になっているのがUSB3.0で、より多くのデータを一度に扱えます。
USB3.0をUSB2.0に差しても使えますが、その場合はデータを送る速度が遅くなってしまいます。

左:USB 2.0 右:USB3.0

USB Type-A B Cてなに?

USBは機器によって様々な端子の形状をもっています。USBの中にも、USB、Mini USB、Micro USBの三つのカテゴリがあり、その中でさらにコネクタの種類でわけたのが、USB Type-A B Cなんです。

USB Type-A

パソコンや電源アダプタなどに主に使用されることが多い端子。一般的にUSBと言われて一番先に思いつくやつ。USB 2.0 USB 3.0 などがある。

USB Type-B

Micro Bはスマホの充電ケーブルなど小型の機器に使用されることが多い。Micro USB Type-B, Mini USB Type-Bなどのタイプがあり、それぞれ形状も異なります。

USB micro B

USB Type-C

入出力どちらにも利用できて、上下の区別がありません。最新のスマートフォンなどに採用されており、データの転送速度はUSB3.0の二倍に当たります。’USB2.0は転送速度480Mbpsなのに対し、USB3.0は5Gbps)

USB-DAC

Digital to Analog Converterの略でデジタルをアナログに変換することができ、主にヘッドフォンのアンプに使用される。
※USB-DACはケーブルの名前ではありません

B typeのケーブルが使用されることが多い

USBの裏ワザ!?

USBを使えば実はスマホにマウスをつけたり、キーボードをつけたり出来るんです。一つの端子にUSBハブというUSBの接続箇所を増やす機器を取り付ければ、マウスとUSBメモリを同時に取り付けられます。
つまりは、画面が割れて操作不能になったスマホでもUSB接続によって動かせるようになり、写真などの大切なデータをUSBメモリや、SDカードなどに移し替えることができるんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事通じて、USBについての理解が深められたのなら幸いです。USB機器がスマホでも使えるというのは、ご存じない方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。スマホに詰まった大切な思い出をあきらめる前に、USB接続を試してみるのもアリですよ!

さいごに

フィリピン・セブ島でアプリ開発を行うSprobeでは、WebサイトやWebアプリケーション開発に精通しているフィリピン人エンジニアが多くいます。ご興味があれば、お気軽にお問い合わせください。

オフショア開発・ブリッジSEカテゴリの最新記事