今度こそ覚える!「Web API」とは?

今度こそ覚える!「Web API」とは?

こんにちはセブテク編集部です。
Webサイト制作やアプリケーション開発の現場では、度々目にする用語「Web API 」。

IT企業に勤めるエンジニアにとっては、馴染みのある用語ではありますが、プログラミングを学び始めたばかりの初心者やITに詳しくない方にとっては、少し難しい用語かもしれません。
今回は、その「Web API」について簡単に説明してみたいと思います。

Web APIとは

Web APIとは「Web Application Programming Interface」の略で、2つのアプリケーションを互いに通信できるようにするソフトウェアの仲介者という意味です。
簡単に述べると、ソフトウェアの一部がAPIとしてWeb上に公開されており、外部からそれを利用することによって、開発しているアプリケーションやWebサイト等にそのソフトウェアの機能を連携することができます。
Web APIは通信規約(プロトコル)がHTTP/HTTPSベースのAPIで2つのアプリケーションの仲介役を担います。 また、Web APIは内部のコードまでは公開しておりませんが、使い方やルールは仕様書としてWeb APIと一緒に公開されている場合が多いです。

Web APIの例

Web APIは、大手企業によって公開されているものから、一個人によって作られ無償で公開されているものまで多数存在します。
GoogleやYahoo!で「Web API 一覧」で検索すると有名なWeb APIを紹介しているWebページがたくさんヒットするので、まずは見てみることをお勧めします。
以下は、代表的な例として世界の大手IT企業が開発者向けに提供しているWeb APIが公開されているページです。

Google:Google Developers / Google Cloud
Amazon:Amazon Developer / Amazon Web Services
Facebook:facebook for developers
Apple:Apple Search API
Microsoft: Microsoft Azure

ほんの一例にすぎませんが、Webサイトを制作していると仮定して、ページに地図を表示したいのであれば、Googleが提供しているGoogle Maps APIを利用することが選択肢の一つとして挙げられます。

また、iOSもしくはAndroidのアプリを開発していてFacebookアカウントによるログイン機能を実装したいということであれば、Facebookが提供しているFacebook Login APIを利用することが考えられるでしょう。

Web APIを利用する理由

Web APIを利用する一番の理由は、Web APIを利用することで、開発を効率的に進めることができるからです。
例えば、「首都圏の全路線と全駅名をドロップダウンメニューとして表示する」という機能をWeb APIなしで実装をする場合には、一から首都圏の全路線と全駅名をリストアップし、入力しなければなりません。それには労力とコストがかかります。
しかし、既に「首都圏の全路線と全駅名が取得できるWeb API」が存在し(実際に存在します)、実装に組み込むことができるのであれば、大幅な労力とコストの削減ができ、スムーズに開発を進めることができるに違いありません。
加えて、GoogleやFacebookなどの大手企業が提供する多くのサービスや機能がWeb APIとして一般化、あるいは標準化されてきているという傾向もWeb APIを利用する理由の一つとして挙げられるでしょう。

Web APIの利用準備

Web APIの利用準備は簡単です。
ショッピングサイトなどのWebサービスに登録するときと同じようなイメージで、Web APIサイトに登録し、APIキー・APIシークレットを取得後、開発中のアプリケーションに設定をします。
※Web APIの中には利用登録の手順を踏まないものもあります。

Web APIの利用に要求されるスキル

Web API を利用する際は、Web APIにリクエストを送ります。すると処理結果がXMLやJSON、RSS等の形式でレスポンスされます。レスポンスされたデータをHTMLに変換する必要があるため、PHP、Perl、JavaScript等のプログラミング言語のスキルがある程度要求されます。

まとめ

今回は、Web APIについて大まかに説明しましたが、Web API自体は理解がそれほど難しいものではありません。まずは人気のWeb APIやシンプルなWeb APIをひとつ探して実装をスタートしてみてはいかがでしょうか。

さいごに

フィリピン・セブ島でアプリ開発を行うSprobeでは、Web APIに精通している フィリピン人エンジニアが多くいます。もし、Web APIを利用したアプリケーション開発にご興味があれば、お気軽にお問い合わせください。

オフショア開発・ブリッジSEカテゴリの最新記事