FigmaとAdobe XD料金比較

FigmaとAdobe XD料金比較

こんにちは。
セブテク編集部です。

UIデザインやワイヤーフレームの作成に便利なデザインツールといえば?
代表的なところで言われているのは、Sketch、Figma、Adobe XDの3つかと思います。

どれも優れているツールなのは勿論かと思います。
いずれかを使用すれば、ワイヤーフレーム、プロトタイプ、完成品のデザインを1つのアプリケーションで作成することができます。

この比較レビューでは、FigmaとAdobe XDの料金を比較します。
その他、対応プラットフォーム、コラボレーションと画面共有、ドキュメント共有など比較項目は様々ですが、
今回は料金に対しての使いやすさを比較したいと思います!

Figmanの料金



Figmaには、2人のエディターと3つのプロジェクトまで利用できる無料のスタータープランがあります。
また、このプランでは30日間のバージョン履歴と無制限のクラウドストレージが提供されます。
・個人向けプランではエディター1人あたり月額12〜15ドル、
・企業向けプランではエディター1人あたり月額45ドルである。

Adobe XDの料金


Adobe XDでは、図に示すように、個人向けの無料プランから9.99ドル、ビジネスプランでは無料から22.99ドルまでのスタータープランが提供されています。

まとめ

まずは初めてみよう!と考えている価格重視の場合は、Figmaをオススメします。
その理由は、Adobe XDと比較して、無料プランでより多くの機能を提供しているためです!

Adobe XDが2020年10月に共同作業と保存に制限されたので、ここではFigmaが明確な選択肢となります。www.Figma.com にアクセスするだけで、作業を開始することができます。

アプリケーションやサードパーティソフトウェアをインストールする必要はありません。

また、Creative CloudスイートからAdobe XDアプリケーションをダウンロードすれば、
適用料金や使用期間の制限はなく、完全無料で利用できます。

現在、Figmaの無料版は、写真に示すように、Adobe XDの対応製品よりも多くの無制限機能を提供しています。


さいごに

フィリピン・セブ島でアプリ開発を行うSprobeでは、WebサイトやWebアプリケーション開発に精通しているフィリピン人エンジニアが多くいます。ご興味があれば、お気軽にお問い合わせください。

Techカテゴリの最新記事