UIに使われる「メニューアイコン」を何と呼ぶ?英語での呼び方も!

UIに使われる「メニューアイコン」を何と呼ぶ?英語での呼び方も!

こんにちは、セブテク編集部です。

今回は、スマートフォンのアプリやWebページのUI(ユーザーインターフェース)で
よく使われる「メニューアイコン」の名前について解説します。

「あのメニューのアイコンよく見かけるけど、名前はなんと言うんだろう?」
「英語でなんと言うかわからない。日本語と同じ?」

というような疑問をお持ちの方へ代表的なメニューアイコンを5つピックアップしました。

一緒に見ていきましょう!

本記事の内容

・メニューアイコンの名前(名称)を解説する
・代表的なメニューアイコンの英語名がわかる

代表的なメニューアイコン

Bento Menu(弁当メニュー)

名前の通り、弁当の形をしたメニューです。

まさかの一発目から英語ではなく、日本語が登場してしまいました。

見た目が弁当のように見えるため「Bento Menu(弁当メニュー)」と呼ばれています。

アプリやWebページ上の右上、もしくは左上によく現れるアイコンです。

クリック、もしくはタップすると アプリやWebサイトのメニューを表示します。

弁当メニューだからってクリックしても、梅干しや卵焼き、ましてはシャケの切り身なんてものは出てきませんよ。笑

Kebab Menu(ケバブメニュー)

3つの点が縦に並んでいるアイコンです。

トルコ料理のケバブのような形をしていることから「Kebab Menu(ケバブメニュー)」と呼ばれています。

どう見たらケバブに見えるのかが、わかりにくいのですが、回転しているケバブが3つ並んでいるということなんでしょうか。

それとも肉の串焼きのイメージでしょうか。 謎が残ります。

「Three dots menu」「Three vertical dots menu」と英語で呼ばれていたりもします。

弁当メニュー同様、アプリやWebページ上の右上、もしくは左上によく現れます。

クリック後の動作は、弁当メニューと同じです。

ブラウザのGoogle Chromeの右上には、このケバブメニューが表示されています。

Meetballs Menu(ミートボールメニュー)

3つの点が横に並んでいるアイコンです。

前述のケバブメニューを横にしただけであるにもかかわらず
「Meatballs Menu(ミートボールメニュー)」と名付けてしまうとは、なんともふざけています。笑

弁当メニューやケバブメニュー同様、アプリやWebページ上の右上、もしくは左上によく現れます。

クリック後の動作はケバブメニューや弁当メニューと同じです。

「ミートボールは弁当の具のくせに、弁当と同じ機能とは!大人しく弁当の中に入ってr…」

と思わず言いかけましたが、 まあいいでしょう。笑

ちなみにブラウザのMicrosoft Edgeの右上には、このミートボールメニューが表示されています。

Doner Menu(ドネルメニュー)

長さの違う3つの線が横に並んでいるアイコンです。

「Doner Menu(ドネルメニュー)」と呼ばれています。

他のメニュー同様、アプリやWebページ上の右上、もしくは左上によく現れます。

クリック後の動作も他のメニューと同じ、もしくはフィルター要素を表すときに使用されるようです。

「ケバブメニューが既にあるのに、ここでまたケバブ… ?「ドネルケバブ」をなぜ分けた…?」

とツッコミたくなるくらい、まさかのケバブがドネルとして再登場。笑

このメニューアイコンもケバブメニュー同様、ケバブをイメージしているようなのですが、
いかんせんケバブから脱出できなかった感がすごいです。

もしかしてメニューアイコンの名前を考えるとき、トルコでケバブ食べてました?笑

Hamburger Menu(ハンバーガーメニュー)

3つの線が横に並んでいるアイコンです。

見た目がハンバーガーに似ているので「Hamburer Menu(ハンバーガーメニュー)」と呼ばれています。

日本語でもハンバーガーメニューと呼ぶことが多いのではないでしょうか。

他のメニュー同様、アプリやWebページ上の右上、もしくは左上によく現れます。

クリック後の動作も他のメニューと同じです。

一番ポピュラーなメニューアイコンですよね。安心感が違います。

細かい説明はもう不要でしょう。

番外編(惑わされるな!)

これらのアイコン、ドネルメニューやハンバーガーメニューに見た目が似ています。

ただ、これらは「クリックやタップしてメニューを表示する」のではなく、「ドラッグアンドドロップをして項目の並び替え」をするときによく使われるアイコンなんです。

スマートフォンの言語設定で優先する言語の並び順を替えたりするときに現れるヤツです。

他にも似たような見た目のアイコンがいくつかあります。

今はもう慣れましたが、 昔、 ハンバーガーメニューと勘違いして頻繁にタップをしていた覚えがあります。笑

名前がわからないので、名前を知っている方がいましたら教えてくださいね。

まとめ

以下の5つのメニューアイコンの名前を紹介しました。

・Bento Menu(弁当メニュー)
・Kebab Menu(ケバブメニュー)
・Meetballs Menu(ミートボールメニュー)
・Doner Menu(ドネルメニュー)
・Hamburger Menu(ハンバーガーメニュー)

どういうわけか、全部食べ物の名前でした。笑

今回紹介したメニューアイコンは全て英語でも、そのまま使えます。

ぜひアプリやWebページのUIやデザインの話をするときには、使ってみてください。

さいごに

フィリピン・セブ島でアプリ開発を行うSprobeでは、WebサイトやWebアプリケーション開発に精通しているフィリピン人エンジニアが多くいます。ご興味があれば、お気軽にお問い合わせください。

※お問い合わせは、Sprobe Inc.の親会社 CYOLABのWebサイトにリンクします。

オフショア開発・ブリッジSEカテゴリの最新記事